交通事故で怪我をしたらやっておきたいこと

交通事故を起こした場合、加害者でも被害者だったとしても気が動転して、冷静さ失うことも珍しくありません。しかもその場では問題がなくても、時間が経過するとともに自分が怪我をしていることに気がつくことも多いです。

それが原因で大事に至ることもありますから、交通事故で怪我を負った時にやっておきたいことを紹介します。

とにかく病院に行くことを心がけましょう

交通事故が起こった際に意識がない、頭や体から出血しているなどといったように誰の目にも怪我を負っていることがわかる場合があります。あるいは見た目には特に問題はなさそうでも、当事者が痛みを訴えるケースも珍しくないです。

いずれにしても加害者かもしくは目撃者が救急車を呼んでくれる確率が高いため、病院に連れて行ってもらえます。問題は見た目にも傷がなく自覚症状がない時です。まして仕事や何かしらの予定があるなら、できるだけ病院には行きたくないと考えてしまいがちです。

しかし外傷がないからといって決して無傷とは限りません。特に内臓がダメージを受けていることも多いですから、痛みやめまい、吐き気がなかったとしても必ず病院に行って隅々まで診てもらうべきです。

交通事故と怪我の因果関係をはっきりさせておく

交通事故に遭ったらすぐに病院に行くと良いのは、怪我を負っているかもしれないからですが、実はその他にも理由があります。それはこの後に行うことになるであろう損害賠償請求のためです。怪我をしていないからと病院に行かなかった場合、後で体に不調が出ても取り合ってはもらえないことがあるのです。

それ以外にも軽い怪我なので、落ち着いてから診てもらえば良いなどと考えた時も同様です。特に後者の方は時間が経過するとそれだけ回復していきますから、交通事故によって負った怪我なのかどうかを判断しにくくなります。

仮に医師が診断書を書いてくれたとしても、事故が起こった日と治療を受けた日時に大きなズレがあると厄介です。相手方の弁護士や保険会社は、交通事故による怪我だと認めないことも考えられますし、示談交渉でもめる可能性があるのです。

それに対して交通事故が起こったその日に現場近くの病院に運ばれたのなら、交通事故による怪我である診断書を書いてもらいやすいです。もちろん救急車で運ばれていなくても、自分の足で病院まで行き、数分前に交通事故に遭ったことを告げて診察を受けても構いません。

残しておくものと注意点

治療にかかった費用の領収書ですが、どんなに少額でも捨てずに保管しておかなければいけません。損害賠償請求をする際に必要となるからで、失くした場合はどれだけ主張しても認められない場合があるので注意が必要です。

また治療費の他にも通院するために使ったタクシー代の領収書も、きちんともらっておきましょう。とにかく交通事故による怪我が原因で生じた費用については、手当たり次第に領収書を発行してもらい保管しておくと良いです。

そして勝手に通院するのをやめるのは禁物です。

専門医の治療を受ければ、みるみる回復していくことも珍しくありません。ただしそれは一番酷い状態から回復したため、楽になったように感じているだけかもしれないです。治療をやめた途端に再発する恐れがあり、さらに前よりも酷くなることがあるのです。

加えて通院をやめた時点で相手方は回復したと判断するため、それ以降は治療代を払ってもらえなくなります。完治したかどうかは、必ずかかりつけの医師に決めてもらうようにしたいです。

関連:交通事故による刑事処分の可否とその内容

示談した後のことも考えておく

数ヶ月も経てば交通事故の示談は済んでいるのが一般的です。そして怪我の具合もずいぶん良くなっていることが考えられます。ただし交通事故による怪我というのは、非常に判断するのが難しいのです。どんなに優れた医師でも予測できない痛みや不調が出る場合も、決してあり得ない話ではありません。

そのため加害者との示談をするのであれば、長い目で見て交渉しておく必要があります。基本的には何日も経過してから出た症状については、医師から交通事故による怪我であるとの診断をしてもらうことは不可能に近いです。

そのためその場限りの示談をしてしまうと、何の保証も受けられなくなってしまうのです。そこで書面に残しておくのが無難です。具体的には今回承諾するものは現状に対してだけであるという一文を入れておきます。加えて交通事故が起こった当初では予測できなかった不測の事態が起こった場合は、改めて協議できるようにしておきましょう。

そのことによって再手術をすることになったり、後遺症が出たりしても対応してもらえることが多いです。

加害者になった時にやること

仮に加害者になったのなら、まずは被害者の様子を見に行きましょう。体調が悪いようならすぐに救急車を呼ばなくてはいけませんし、本人が大丈夫だと言っても動き回らせない方が良いです。何が原因で悪化するとも限らないからです。

中には被害者を放置して、自分の知り合いなどに助けを求める電話をしている人がいます。そのことによって被害者の容体が悪化したり万が一死亡したりすると救護義務違反、つまりひき逃げになる可能性があります。その場から離れていなくても罪に問われる恐れがあるため、加害者になったのならまずは相手を気遣いましょう。

加えて救急車を呼ぶということを頭に入れておきたいです。もちろん自分の方が重傷であれば無理してその場から動かず、誰かに救急車を呼んでもらっても構いません。次にやるのが警察への通報で、これは加害者側がやるのが一般的です。

ちなみに被害者の怪我の程度などを無視して、お金を渡して逃げ去る人もいるようですがこれは問題外です。あちこちに防犯カメラがありますし、野次馬などの目撃者がいるので必ず逮捕されます。そして最後に保険会社に連絡をするのですが、警察が現場に到着する前に済ませたいです。

その理由はどのように対応したら良いのかのアドバイスをもらえることがあるからで、動揺している時にはとてもありがたいです。先述した通り、余裕がないほどの怪我を負っているなら少しでも早く病院に行くべきです。ただ現場にしばらくいられるほどの余裕があるなら、保険会社の人にどの病院へ行けば良いのかも聞いておくのが無難です。

あまりないことですが保険会社が提携している病院があるなら、そこへ行く方がスムーズに怪我の治療と手続きができるのです。